2015年6月21日

高知県視力障害者の生活と権利を守る会
第49回総会決議

 「私たち障害者・家族は
憲法を踏みにじる『戦争立法』に反対する」決議

 
 政府は「戦争立法」の11法制(海外派兵の恒久法である「国際平和支援法」と現
行の派兵関連法改正案)を提示し、5月14日閣議決定、国会提出、一括審議を進め
ています。

 憲法は、前文にあるように「政府の行為によって再び戦争の惨禍がおこることのな
いようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し」「全力をあげ
てこの崇高な理想と目的を達成することを誓う」ものです。とりわけ9条は、平和憲
法の根幹で、25条をはじめ、人として平等に生きるための様々な権利の土台です。

 戦争は、命、文化、経済を破壊します。自由は奪われ、障害者は、社会的に役立た
ない「ごく潰し」「非国民」とさげすまれ、差別され、抑圧されてきました。戦争と
障害者の幸せは絶対に両立しません。障害者は平和でないと生きられません。また、
たくさんの障害者を生み出す行為です。

 国際障害者年は世界平和の強化を訴えました。昨年、批准した障害者権利条約は、
第2次世界大戦中の著しい人権侵害に対する深い反省の上に立ち、世界平和を実現す
るためには世界各国が協力して人権を守る努力をしなければならないことを高らかに
うたった「世界人権宣言」の精神を具現化したものです。その条約にふさわしい社会
保障、障害者施策の実現とともに、その土台ともいえる平和社会を武力行為に頼らず
、国内的にも国際的にも努力して築いていくことが、今こそ求められています。障害
者の生きる権利、発達する権利は、戦争を是認する体制の下では決して実現しません


 私たち障害者・家族は、障害者の権利を守り発達を保障する立場から、憲法に違反
する「戦争立法」に断固反対し、平和憲法を守るためにあらゆる努力を行うことを決
議します。

    

         高知県視力障害者の生活と権利を守る会
           会長:井上 芳史
      住所:〒780-0953 高知市長尾山町43-17 電話:088-840-4624



▼ 守る会の移動用 ▼

 守る会 メニュー 

 守る会 トップ 
↑http://mamoru-k.net/